キーボードを変えてみよう

高さを選択しよう

楽にタイピングができる、キーボードの高さがあります。
それは人によって異なるので、自分で見つけるしかありません。
パソコンを扱っているお店に行くと、キーボードだけが単体で売られています。
いろんなキーボードを試して、最も良い高さを見つけてください。
キーボードを購入するお金がなかった場合は、何かを敷いて高くする方法もあります。

しかし、不安定な状態になるとキーボードに悪影響を与えるので、できれば買い替えた方が良いです。
パソコンを購入した時に、キーボードは付属品についてきます。
ですが、おまけのキーボードはハッキリ言って使いにくいです。
タイピングを早くするために、打ちやすいキーボードを購入した方が円滑な仕事が可能になります。

キーの大きさ

指が太い人は、キーが小さいと打ちにくく感じると思います。
キーボードを買い替える時は、キーの大きさも注意してください。
キーの大きさは、製品によって微妙に変わります。
逆に指の細い人は、小さいキーの方が打ちやすいでしょう。
そのような人は、コンパクトなキーボードを選択すればタイピングが早くなります。

会社で使っているパソコンのキーボードも、遠慮しないで変えてください。
そのぐらいの自由は認められていると思います。
スムーズに文章作成ができるように、タイピングの練習をすることはもちろん大切です。
しかし、練習を繰り返すだけではどうにもならないこともあると思ってください。
案外キーボードを変えるだけで、スラスラとタイピングが上手くいくこともあります。